MY PIANOS
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ER-4S ケーブル交換:抵抗値の比較 | main | ER-4S ケーブル交換:番外編:アダプタ+mmcxケーブル >>
ER-4S ケーブル交換:各ケーブルの音質について
さて、そろそろ音について…ダラダラ長い文章で申し訳ありません。

音質、音色の話は難しい事で、人の感性にも関わりますので、あくまでも個人的な意見、という事でお読み下さい

条件は、全てiPhone6直挿しで、イヤピースは三段キノコ…で、AppleLossLess音源を聴いてます。特に曲を選定して聴いている訳じゃ無く、気分でぐるぐると聴く曲を基準にしてます。
クラシック、現代音楽、ジャズ、ポップス、ロックとけっこう幅は広くぐるぐる聴いてます。

iPhone+ER-4Sって音量について色々言われますが、音量的には問題有りません。
クラシックだと65-80%、他は60-75%くらいの音量バー位置です。
確かにER-4Sを鳴らし切ってる感はありませんが、これ以上は求めない事にしています。
ちなみに我が家のCDプレーヤー+アンプで聴きましたが確かに次元が違う音なんですが、それは土俵が全く違いますので、逆に思った以上にiPhoneもやるなぁと思ってます。



 
 
全ての特徴を書き終わった後で思ったのですが、実はケーブルだけの特徴じゃなく、おそらくホット側に入っている抵抗の材質などにも左右されるハズなので、その点を加味して読んで頂けると助かります。

・ER-4S オリジナルケーブル
ER Original
根本的に、これがER-4Sの音、と言う事なんでしょうけど、そのまま表現してもなんだか分からないので、HF-3との比較。
HF-3もかなり高音が切れ長によく出るのですが、それを上回って繊細に美しく伸びる高音です。ただし、意外とこの高音は骨太なので、うるさく感じるかも…って思います。
それに合わせて、低音も豊富な情報量…あくまでも情報量です…ズシン、ボコン、ズドン、とか言う低音表現はどれも当てはまりません。これは他のERのイヤホン、もしくはShureとかの比較的おとなしい系のイヤホンと比較しないと分かりにくいかも知れません。

・ZEPHONE SILVER SEAGULL S EE-5
Zephon EE-5
最初に買いました…あの頃はこれしか無かったし、オリジナルの長いケーブルを少しでも短くしたかったのがその動機でした。
で、音はと言うと、始めてつなげた時は残念ながら過去に使っていたERのHF-3な音に戻ったかも…という印象。
周波数特性グラフを少し右に…高音側にずらした見たいな感じでした。
HF-3より低音が出つつ高音が繊細に伸びる感じだったのが、低音がおとなしく…HF-3に似ている感じに…なって、高音がチトうるさい鳴りになった感じでしょうか。
ケーブルにエージングは無いだろうから、本体…ER4S本体…のエージングが進むにつれて少しマシになる期待感がありましたが、さほど変わらず。
銀色のケーブルを見る限り、高純度銅線に銀メッキなリッツ線なのかなぁ〜…細かい事気にせず買ったので、スミマセン不確かですが…それが災いしたかも知れません。一般に言われる、材質と構造から来る特徴そのものな感じですかね。
タッチノイズは、比較的少ない方で、歩行時もさほど問題無く使えます。

・オヤイデ Re:cord PALETTE 8 ER-4S

オリジナルに近い印象です。元々ER-4Sは音場が狭くて、スタジオニアモニターで聴いてる感じがあって、それぞれの楽器が集まって聴こえる傾向がありますが、オリジナルに比べると楽器と楽器の間の空間が少し広がったような気がします。ちょうど今、チックコリアのスーパートリオ聴いてますが、ライブ版なのもあって空間を意識しちゃいます。
そう言ってしまうと、線が細い様にも思えてしまいますが、オリジナルより明るめで少し鮮やかな音色にも感じるので、細さは感じません。
と言う面で、今のところこのケーブルが一番気に入ってます。
ですが、細くて堅いケーブルを8本編み込んだ構造なので、タッチノイズが大きく、扱いが難しい部類に入ります。

ちなみにこのケーブルに使われている材料がかなりこだわった物らしくて、以下に説明があります。
使用導線の解説
http://www.oyaide.com/ja/brand/oyaide/102-ssc
ハンダの説明
http://oyaide.com/catalog/handa_onsitsu.html

ハンダの事は良くわからないのですが、このケーブルの構造には少し興味を持っていて、我が家のスピーカーケーブルに良いかなぁ、などと物色中です。
| Audio | 18:44 | comments(6) | - | pookmark |
コメント
詳しく記載してくださりありがとうございます!
音の傾向だけでなく、ケーブルごとの比較まで書いてくださり、非常に読みやすかったです。主様が記載された《楽器と楽器の間の空間が少し広がった》というのがとても惹かれました。今まで悩んでいましたが、賭け事に負けるよりプラスになりますので、試しに PALETTE 8 を買ってみようと思います。大変為になりました。
ありがとうございます!
| 耳さん | 2016/10/16 8:36 PM |
耳さん…さん、こんばんわ。
さっそくのお返事ありがとうございます。
何にしても、お役に立つ事が出来て良かったです。実のところ、とてもマニアックな表現をしてしまったのでアップするのを躊躇していました。ご質問頂いた事で、ようやくアップする決心が付きました。(^_^;)
音の印象に付いては、お聴きになる音楽のジャンルやアーティスト等によっても異なる印象を持つかも知れません…ましてケーブルの音質差って微妙な…ので、そこの所はご了承下さい。

またこれに懲りずコメント頂けるとうれしいです。
でわでわ、元コラでした。(^_^)
| 元コラ | 2016/10/16 11:30 PM |
はじめまして、こんばんは
初コメ失礼します
4S用のPALETTE8は4極バランスケーブルですか?
購入前に4P用を買うか4S用を買うかで迷っています
| YAMATO | 2016/10/22 7:15 PM |
YAMATOさん、初めまして。

4極バランスケーブルの意味が取り違えられている場合が有るので、誤解の無いようお読み下さい。ケーブルが4極になっていればバランスケーブルである、と言う解釈も多く見られますので…あしからずご了承下さい。
Re:cord PALETTE 8 ER-4Sは、ケーブルが8本でおそらくRホット2本、Lホット2本、Rグランド2本、Lグランド2本の構造だと思いますが、プラグが普通のステレオミニ…2.5ミリ3極(R+L+グランド)プラグなので、バランスケーブルではありません。
オヤイデのMMCX用ケーブルに、「Palette 8 MX-A BAL」と言う型番の、バランスケーブルと明記された別モデルのラインアップ(2.5ミリ4極 プラグ仕様)があります。

4S用と4P用は、スペック的には内蔵される抵抗値が異なるだけだと思いますが、結局の所は音の好みの問題かと思います。僕は個人的に4Pの音は好きではないので、検討外でした…ちょっとお遊びで4P用を買って見るのも面白いのですが、このケーブルは安くは無いので、そこまで遊べませんでした。そこに投資するより、ER-4SRにお金貯めるほうが良いかな、と…(^_^;)

でわでわ。
| 元コラ | 2016/10/23 12:08 AM |
元コラさん、親切にありがとうございます。
学生時代にER4PTを買って『どっちも楽しもう』と思ったら、S化ケーブルの方が好みでした。
結局ER4Sが欲しくなってしまったところで、こちらのリケーブル品を見つけました。バランスケーブルではないものなんですね。内部の構造までありがとうございます。MMCX化するかこちらのリケーブル品を買うか悩むところです・・・。
| YAMATO | 2016/10/23 1:06 AM |
YAMATOさん。
もしかして、「MMCX化」ってこれですか?
と言うような記事を今日アップしました。もしそうだとしても、参考にはならないと思いますが、あしからずご了承下さい。

でわでわ。
| 元コラ | 2016/10/25 11:30 PM |
コメントする