MY PIANOS
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ER-4S ケーブル交換 / Zephone EE-5 その1 外観編 | main | 獺祭スパーリング39 >>
羊と鋼の森 / 宮下奈都
話題の本屋大賞です…図書館の順番待ちがチト辛いので、普通に書店で購入


羊と鋼の森

2016.05.27:ジュンク堂藤沢店にて購入
2016.06.06:読了
 
 
ツッコミどころが無いわけではありませんが、単純に小説として良い作品だと思いました。
簡単に表してしまうと、不器用だったり、繊細すぎたり、でなかなか前に進めない青年…と少女?…の成長を淡々と描いている、と言って良い内容だと思うのです。
要するに、特に様々なスタイルの小説がある中で、この小説は話題性に欠けるし、盛り上がりも無いし、おそらく大多数の読者には涙する程の感動も無いだろうし…ある意味面白みも少ない作品…なのかもしれません。本屋大賞にならなかったら消え去ってしまった作品にとも思えます。
でもそんな普通過ぎるほど普通な所が本来の小説のあり方をしっとりと表してくれている様にも思ってます。

あえて言うと、もう少し森の事に付いて掘り下げて欲しかったかなぁ…とは思いますが…まぁそれも個性と言えるかも知れません。


PS.読み終えて知ったのですが、直木賞ノミネート作なんですね…それがどうした、って言う話しですが…^^;
| Book '16 | 23:05 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする