MY PIANOS
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< かくかくしかじか 5 / 東村アキコ | main | Suntory The Whisky のその後 >>
随分と古いウィスキー / Suntory The Whisky
飲めるんだろうか…普通に考えるとこんな疑問がわくほど古い…基本的にウィスキーは腐らないし、ボトルやキャップに問題なければ、飲めるはずだ。

ちなみに、僕の記憶では、30年以上前の物のハズ。少し調べてみたら、木製のキャップなので、1977〜1989年の間の製造らしい。当時の価格は確か5万円くらいしていたように思う。

インターネットで調べると、ビンテージの蒸留酒はそれなりに価値があるらしく、マニアの間では高価な金額で売買されているらしい…

とは言え…

ボトルが陶器(有田焼らしい)なので、中身が残っているか若干不安。同じ場所に保管されていた、いくつかのブランデーは中身が減ってしまって、香りも変わってしまっていたので、廃棄してしまった。

しかも…
コルクが割れた
蓋を触ったら…コルク栓が途中で折れてしまった…廃棄したブランデーも同じだった。
実は、このコルクがぼそぼそになっていて、ワインスクリュー(オープナー)でも開かなかったので、ナイフで回りからえぐりとって、無理やり開ける事になった。

ぼそぼそになったコルクがボトルの中に少し落ちたハズなので、茶こしを通して、以前にIKEAで買った栓付きボトルにデキャント…数年前まで、夏に麦茶を冷やしていたボトルだ…

オリジナルボトルと比較してみると、さほど目減りしてない見たいなので、ちゃんと味わえそう。


ちなみに味は…ビンテージの物を味わった事が無いし、本来サントリーのウィスキーもまじめに飲んだ事が無いので、比較のしようが無い。
しかし、深い良い香りがするので、ゆっくりと様々な飲み方で味わってみることにした…

手元に手頃なグラスが無かったのでモロゾフのプリンカップ…^^;

まずはストレート…甘い香りの割に、辛口な印象。香りはバニラっぽくてとても深くて良い感じ。アルコール感が意外に低くて飲みやすく感じる。

ほんのすこし、コントレックスを入れてみる…5%くらいかなぁ…辛口な香りが立って来て、アルコール感が強くなっているように思う。辛口な香りの中に、バニラっぽい香りが消えることがない。

二倍ほどにコントレックスで薄める…アルコールが薄く感じるか、と言うとそうでもなく咽るようなアルコール感は残ったまま香りが薄くなる。

となると、ほんのすこしコントレックスで薄める飲み方が良いかも…後日、オンザロックを味わいたいかも…^^;
ちなみに、古いウィスキーは開けると、2〜3日でまた香りや味が変わるらしいので、少し期待…いゃ不安? (´・ω・`)
| Misc | 23:50 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする