MY PIANOS
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< Dukey Treats / George Duke | main | ライヴ・アット・モントルー・ジャズ / Ponta Box >>
メグル / 乾ルカ

メグル (創元推理文庫)

2013.11.07:港区立図書館
2013.11.20:読了

みなさんは、それぞれに抱えた問題をどの様に解決してますか?
特に人の根源に係る問題となると、解決に向かう道筋は、とても険しく、痛みを伴う事がほとんどだし、解決した結果が必ずしも幸せとは限らないんだけど…でも解決した方が、何かしら得る物がある場合が多いのかも…
それが、人としての成長であって、それが得られるのであれば、何にも替え難いと思う勇気ある人もいれば、痛みを伴うのは絶対に嫌だから、問題を抱えたままの方が良い、と思う人もいるでしょう。
どちらかと言うと、どんな痛みがあろうが幸せになれなくとも今の問題を積極的に解決したい、と思う人は少ないのかも知れません。

一つ前の「ばくりや」と続けて読んだこの乾ルカさんの本は、そんな事を考えさせてくれます。
と、そんな感じです。
 
 
そんな事考える事すら、キツイ、嫌だ、って思うのも有りだと思うので、ある意味この本は要注意本かも。(´・ω・`)

特に、最後の章…メグル…は、切なかったなぁ…
| Book '13 | 12:21 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする