MY PIANOS
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ / 三上延 | main | 色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 / 村上春樹 >>
バレンタインのチョコ…
バレンタイン時期に買い溜めたチョコを、先日…ようやく食べ終えました… ま、毎日食べるほど多くを買った訳でもなくて、買ったもののなかなか食べる機会を逸していて、ようやく口にした、と言う方が良いかもしれません。既に、何ヶ月も経ってますよね…しかも、チョコは意外と日持ちするのですよ…

最後まで残っていたのは、この




ゴディバの2013年バージョンのバレンタインパッケージです。
パッケージが気に入っていて、昨年の物も未だに小物いれに使ってたりしますが、この今年のパッケージもなかなか良いデザインで気にってます。


今年は、最後に食べたこの
ゴディバ(http://www.godiva.co.jp/) の他に
ブリュイエール(http://www.bruyerre.co.jp/)
トシ・ヨロイヅカ(http://www.grand-patissier.info/ToshiYoroizuka/)
テオブロマ(http://www.theobroma.co.jp/)
サダハルアオキ(http://www.sadaharuaoki.jp/)
(あーっと、サダハルアオキ買ったのはホワイトデーだったかな…)

を、買って、気ままに食べました。
総じて、何が? と言うとやっぱりパティシエはパティシエだし、ショコラティエはショコラティエだなぁ〜、と言う事でした。当たり前のことなんですが...やっぱり重要な事だったなぁ、と改めて思った次第です。

ちなみに、テオブロマ、サダハルアオキは、オレンジピールで、その他はトリュフのセット…どれもそれぞれの特徴をよく表してるし、それぞれがスペシャリテなのですが、僕にはテオブロマが好みでした。
| Patisserie | 23:36 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする