MY PIANOS
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 永遠の0 / 百田 尚樹 | main | あの日にかえりたい >>
チョコブラウニーを作ろう
随分と昔に書いた記事…公開忘れ? をひっそり公開…


基本のレシピは、Cuocaにあったものを使って、少しアレンジしています…ので…
詳しくは、Cuocaブラウニー:http://recipe.cuoca.com/pc/index.php?cmd=rcpd01_pc&id=1021を、参照して下さい。

材料を揃えます。

ダークチョコレート(板)  150g
無塩バター        120g
グラニュー糖       90g
卵            140g
薄力粉          120g
ココアパウダー      40g
ベーキングパウダー 小さじ  1
くるみ          80g

卵は、室温に戻しておきます。
薄力粉、ココアパウダー、ベーキングパウダーはあわせて振るっておきます。
ダークチョコレートは、ドロドロ状態になるように、半溶かし状態にしておきます。(今日はオーブンの発酵モード…45度…を使いました)

型には、ベーキングシートを掛けておきます。

シートが滑ってうまく密着しない場合は、型にサラダ油を少量塗って、シートが綺麗に張り付くように工夫しましょう。
実は、この型が大きいので、基本料の2倍にして、材料配分の一部をアレンジしました。


お約束の様に、バターをポマード状に練ります。

ポマードって言ってもわからない人が多いでしょうけど、マヨネーズよりちょっと固めな感じでしょうか。だまのないように綺麗なマヨネーズにしましょう。

ドロドロ状態にしたチョコレートを混ぜます。

オリジナルでは、チップ状というか、ダイス状のものを使っていますが、溶かしやすい形、と言うだけなので、板チョコでも問題はありません。板チョコの場合、溶けにくいので少し時間をかけて溶かした方が良い、と言うだけです。
ちなみに、今日はオーブンの発酵モードで、45度の設定にして30分ほど溶かしました。

一様に混ざったら、常温に戻した卵を解いて、3回〜4回に分けて入れます。

140グラムと言う量は、卵の個数からするとちょっと半端ですが、レシピに忠実な方が無難ですので、もったいないからと言って、多めに入れたり、ちょっと足りない状態で妥協しないほうが良いです。ぴったり140グラムを測って入れましょう。


あー、スミマセン。
ここから、写真撮れてません…混ぜるのに忙しくて…^^;

簡単に説明すると、一様に混ざったら、振るった粉類(小麦粉、ココアパウダー、ベーキングパウダー)をゴムベラでざっくりと混ぜて、まだ粉っぽさが残っている状態で、冷ましておいたクルミを混ぜ込みます。
そして、一気に型に流し込んで…

170〜180度のオーブンで35分程度焼きます。


という訳で、突然の焼き上がり…

ブラウニーは、温かいままでもけっこう美味しいですが、本当は一旦冷まして寝かせたものを、温めなおしたほうが、美味しい様に思います。


では…^^;
| Patisserie | 23:26 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする