MY PIANOS
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< UbuntuServer にLAMPとRubyOnRails3を入れてみる | main | Headhunters / HerbieHancock >>
MacOSにも、MAMP + RonR を作ってみる
実は、対象のMacOSには…先日の記事の成り行きで少し明かしてしまたったけど、(http://blog.2brins.raindrop.jp/?eid=339
…すでにMAMP環境が入っている。このMAMP環境は、これから本番環境になる訳じゃないので、簡便な bitnami のMampStackを使用して導入。
BitNamiのMampStackは、MacOS専用のインストーラーを使っているばかりでなく、追加したサーバープロセスの管理アプリまでついてくるので、とても簡単だし、Macユーザー好みにできていて気に入っている。おそらく、WAMP(Windows版)も同じような感じなんだろう。

BitNami本家のMAMPStack:(http://bitnami.org/stack/mampstack)
他に良いStackがあるのか否かは調査してませんので、あしからず…とりあえずは、ちゃんと動いているし、とても楽、っていう話です。少なくとも、お手軽開発環境を持ちたいMAMPer には、とっても良い環境だと思ってます。


そこで、その先日のLamp+RonRと同じく、

Ruby on Rails 3.2 を Mac OS X にインストールする手順をかなり丁寧に説明してみました:(http://www.oiax.jp/rails/zakkan/rails_3_1_installation_on_macosx.html)
を参考に、MacOSにもRuby on Reails3を入れてみようと思い立ったわけです。本日、2012年9月15日現在の記事内容に従っています。

しかし、考えてみると、これもBitNamiのRubyStackを入れちゃえばなんとかなりそうに思うけど、MySQLとかDB系はダブルものもあるし、大丈夫だろうか? って不安が無くはないので、それならいっそのこと手で入れようと…

さて…記事に従って順を追ってみると

1、Xcodeのインストール 
2、CommandLineToolsのインストール
これらは、元々iPhoneアプリ用にXcode環境を作り上げてあったので、特に何もすることがなかった。

しかし
3、Homebrewのインストール
で、つまづいてしまった。

そのとおりにやると、




要するに、homebrewを導入するスクリプトが、すでにこのURLには存在しない、と言うことを言いたいらしい。


https://github.com/mxcl/homebrew/wiki/installation

とか、似たようなURLの中を探してみても、それらしいものは見つからない。

その後、色々とWeb上を見ても、現在のところは、このURLが無効になっている、との報告はなく、ほとんどの情報が同じか、似通ったURLからスクリプトを持ってくるように書いてある。その似通ったところも、僕が見た限り結果は同じ…こんな状態になったのは、最近の事なのかもしれない…

探しているうちに、このサイト
これからRubyを始めるためにやったことメモ1(Rubyのインストール):(http://d.hatena.ne.jp/honeniq/20120413/1334330947)
も、結果的には同じ状態だったのだけど、今の僕と同じような試行錯誤を繰り返していたらしく…



> Installation ? mxcl/homebrew Wiki ? GitHub
> 公式サイトを見てみると、URLが古いみたいですね。


の件をみて、そうっか本家の公式サイト見れば、Homebrewだけでも入れられる。と判断して、その、
HomeBrewの本家:(http://mxcl.github.com/homebrew/)
に行ってみた。
そうすると、全く違うURLというか、コマンドラインが書いてある。本当か? と思うほど全くの違いにちょっと驚きつつ、




それでトライしてみると…


と、なんだか、うまくいきそうである。

しかしその後、ダウンロードに失敗。失敗した状態でリトライする場合、このコマンドを流してから、にしろ、って警告してくるので、言われるがまま…


bashが、brew コマンドが無いよ、って言ってくるけど、今はそのbrewコマンド入れてるんだから、ひたすら無視。
再度ダウンロードに失敗しつつ、同じリトライコマンド流して、飽きずにリトライして…



どうにか正常に終了したらしい。



さて、その後は、
Ruby on Rails 3.2 を Mac OS X にインストールする手順をかなり丁寧に説明してみました:(http://www.oiax.jp/rails/zakkan/rails_3_1_installation_on_macosx.html)
の説明どおりで全く問題なく導入が完了。


いやぁ、ちょいと手間取りました。^^;
 
 
 
 
 



実は、この記事を作成しているときに、使用禁止用語がある! ってはねられたんだけど、どうもこの下の絵の文字列を削除したら投稿できた…


ので、コマンドラインやそのログは、すべて画面ショットにすることに…
しかし、この中のどこかの文字がいけない、ってことらしいけど、僕にはまるっきり見当がつかない。
| Tech_Mac | 07:29 | comments(1) | - | pookmark |
コメント
「Ruby on Rails 3.2 を Mac OS X にインストールする手順をかなり丁寧に説明してみました」の筆者です。ご指摘に基づき、記事を改訂いたしました。ありがとうございました。
| 黒田努 | 2012/09/15 9:17 AM |
コメントする