MY PIANOS
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< MacOS上じゃなくて、ParallelsのMySQLをMacから見えるようにする | main | Esprit de Four / fourplay >>
Parallels:仮想環境を移動するとネットワークが認識されなくなるのはなぜ?
このところ、Parallels で作業していると、仮想環境を移動した際に、なぜかネットワークを認識しなくなってしまうパターンが有ることに気がついた。

ひとまず現象を見ると、本来なら、


のように、ネットワークアダプタは、Localhostと、Eth0などの2つを持っているハズ。

でも、仮想環境を移動すると、


のように、Localhostだけになってしまう。
ちなみに、UbuntuDesktopでは、ちゃんと動作している。


しかしよく考えてみると、仮想環境を移動してParallelsで初回の設定時…


が出る。ここにリンクのある、ParallelsのFAQサイトに飛んでみると…

Changing MAC Address After Moving the Virtual Machine(http://kb.parallels.com/en/9021)

なる情報がある。拙い英語力で読んでると、

移動時には、元のParallels環境と違って、元Parallels環境でMACアドレスが重複してはいけないので、採番し直す必要がある。
その際に、Windowsでは、ライセンス認証が切れることがあり(元々ライセンス違反だし)、一部Linuxでは元々Eth0で認識されていたネットワークがEth1になったりする、とのこと。
(他だらだらと書いてあるのは、Windowsライセンスについての注意喚起だ)

そうかぁ〜、そうなると、UbuntuServerなどの場合、サーバーハードウエアに悪さをされないために、ハードウエアのPlug&Playを抑制しているから、MACアドレスが変わった時点で、Eth0を認識しなくなる、と考えるのが良いみたいだ。
そう、UbuntuDesktopなんかは、USBメモリー挿したりして使うことが考えられるので、Plug&PlayでEth1として認識されるのじゃないだろうか。 (UbuntuServerのPlug&Play機能については、特に調べてないので確かな話ではありませんが…)
ま、僕としてはサーバー運営上からは、Plug&Play機能を止めてあるほうが都合が良いので、それ以上の詮索はせず。(^^)



| Tech_IT | 23:36 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする