MY PIANOS
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< MacOS 用のSSHクライアントを探していたら | main | UbuntuServer にLAMPとRubyOnRails3を入れてみる >>
スマホにしよう? いゃ待て…
以前から考えていた、スマホに買い換える、って言う話しは、なくなりそう…って話し。


なぜなら、予算が無いってのは無視したとしても、買うべきモデルが無い、と言うのが一番の理由。どの機種を見ても、なんだか中途半端…僕の用途は、ガラケーの置き換え+電子本端末の統合だったんた。と考え直すと、どうも違う。

それに、重さの点で、KindleやiPadは持ち歩きたく無いけれど、スマホに買い換える、と言うのはあまりにももったいない話しに思えてきたのだ。要するに、使わないであろう電子本端末以外の機能の為に、多くの出費を必要としてしまう。すでにiPhone持っていて、手放せない状態で有る状態なので、もう一つのケータイはガラケーに限るのが必然。本体価格、維持費、諸々考えるとこう言う結論にならざるを得ない。

結果的に、僕はどうするか? って言うと、とりあえず、KindleかiPad待ち。おそらくもうすぐ発表されるであろう、新しいiPhoneに買い換えるのもちょっと待ってからにしようと思っている。現在のiPhone4でも新しいiOSは動く…Developper登録した3GSでも動いてる…わけだし、βのiOS見る限りだと、あまりメリットを感じない。
という事で、あまり焦らず検討する予定。世の評判を見てからで十分だろうと思っている。それまでは、白黒の英語版文書は既存のKindle、自炊ものやカラーPDFの書籍は、ほぼスマホのXPeriaArcで我慢しよう。
この自前のほぼスマホは、今のところB-mobileで十分な機能を果たしているし、その期限が切れたら、IIJのSIMを買おうかと思っている…(^_^;)
 
 
色々と計算すると、Docomoに限らずスマホは、とても高い印象があります。
本体7万円ほどするのに加え、毎月の維持費が2年間の割引き期間が4千円から6千円、その後は6千円から8千円…という感じ。本体を買取にするか否かは、意見の別れるところでしょうけど、2年間のトータルコストを考えれば全く同じなので、先に払ったほうが良いようにも思います。(販売店のポイントとかつきますしね…)
バカにならないのが、維持費。これが24回巡ってくることを考えると、かなりの額です。確かにすでにiPhoneでわかっていたハズなのですが、スマホとなるとなぜか気になります。
ちなみに、iPhoneは本体買取価格が5万円弱で、月々の維持費が2年間が4千円弱、その後は6千円弱、とスマホよりもちょいと安い目なので、iPhoneから始まった僕には、なおさら気になるのかも。
| Mobile | 23:22 | comments(1) | - | pookmark |
コメント
こんにちは。
新しいiPhoneに関しては僕も様子を見て行こうと思いますが、正直優先順位は低いですね。
今のところ噂では目立った変化やメリットを感じません。今はMacBook Air購入が最優先です(笑)
実際今のiPhone4sで大満足状態ですし、懸念されているとおり、資金面での障害が大きい。
まあいつぞやのソフトバンクのように、iPhone4sから新型iPhoneへのグレードアップを無料でやってくれるようなサービスをやるなら話は変わってきますがね(笑)
| 純潔エコロジスト | 2012/09/09 11:38 PM |
コメントする