MY PIANOS
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< Beethoven Violin Sonatas 1-3,4,5,6-8 / Gidon Kremer , Martha Argerich | main | Mountain LION にした…ものの >>
また、こんな手帳を買ってしまった…ついでに、Moleskineのインク耐性試験…


Moleskineの、「限定版ピーナッツ スケジュール+ノート 18ヶ月 2012-2013年 ハードカバー 」のポケットサイズです。いやぁつい…



中身は、こんな感じ。まぁ、限定版ピーナッツとはいえ、表紙、見返りあたりにちょっとイラストやふきだしセリフが入ってるだけなんですけどね…あ、あとおまけのシールと…



Moleskineファンには、当たり前になっているらしい、各国版対応のパンフレットと品質保証シール。僕のは、ブルーのやつでした。



ちなみに、どこで買ったかって、日本国内の正規代理店です。
なんで? って、Amazonとかで「洋書」分類で売られている安価なバージョンには不具合が多い、と聞いたからです。Moleskineって初めてなんで、一応は正規品を買ってみようかと、言う判断です。



一緒に買った、「カイエ プレーンノート」。
実は、万年筆を常用している僕には、新しい手帳を買うのは、けっこう気を使うのです。単純に、いつも使っているペン+インクの組み合わせで、どれだけ裏抜けするか? っていうことが大きな問題なのです。

現在使っている、「ほぼ日手帳」、FranklinPlannerのユニバーサルシリーズ…これらに使われている紙は、薄いのに万年筆のインクが裏抜けしないとても良くできたものなのです。なので、実用上はこの2つの銘柄から抜けだせないでいる、と言う事なのです。



で、試してみました。
元々、Moleskineは、インク耐性が低い、と言われているので、まぁ半ば覚悟のうえです。が、特に低価格で売られているものの中には、それ以上に耐性が無いとの評価もあるので、ちょっとドキドキ…



その裏抜けはこんな感じ。
面白いのは、結構インク乗りの良い、カランダッシュ、ペリカンのボールドよりも、カキカキ固めのペリカンのミディアムの方が、インク抜けが多いと言う事。あまり好みではありませんが、まぁ使える範囲の抜け具合。
どこかのサイトで評価されていた、水性インクボールペン…僕のは、ゼブラのSarasa0.7…は、ほぼ抜けなし。

とまぁ、実用上はSarasaで書くかなぁ、と言う感じです。
とりあえず、この18ヶ月ウィークリーは、個人的なメモ用なので、赤と黒のSarasaで書こうかと思ってます。
 
 
そうそう、ほぼ日の紙と、FranklinPlannerの紙でもやってみよう。(^_^;)
| Stationaries | 17:02 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする