MY PIANOS
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ケータイを買った… | main | カレー本 その1 >>
マボロシの鳥 / 太田光
久しぶりに本を読んだ。ちょうど、話題になった「KAGEROU」が出版された頃に、一緒に市内の図書館で予約したものだけど…先週になって、ようやくこの、「マボロシの鳥」の番が回ってきた。

太田 光
新潮社
発売日:2010-10-29
大人の為のファンタジーと言えるのかもしれないけど、ちょっとその意図が読み切れないものが多いのが残念、と言うか僕が読み切れてないだけなのだろうか…基本的には、ファンタジー調にはなっていても、明らかにXX批判的な内容と取れる物も多く、その手が苦手な方にはお勧めできない面もある。おそらく万民におすすめできる内容ではない、と言う面ではTVで活躍する著者の芸風とよく似ている、と言えると思う。なので、逆手にとると、著者の芸風が好きだと言う方にはおすすめの一冊。と言うことになるのだろうか。


とまぁ、ブクログには、こんな感想を書いたのですが、一言で言うと、ちょっと気負ったタレント本の域を脱しきれてない、と辛めの評価が妥当なのかもしれないです。僕は、太田光と言う人物が好きなので、まぁまぁと思いますが、それでも、素直に心に残る、と言う物を感じられなかったのが残念でした。
| Book '11 | 13:45 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする