MY PIANOS
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< Sony Reader ... | main | メサイヤ... >>
Bookoffに本を売りに行ってみたものの
はじめてで、週のうちに2回もBookoffの買取サービスを利用してみた。結果は散々だった。

これなら、地域の図書館か公民館に寄付した方が良かったかもしれない。少なくとも、町内の資源回収に出せば、売上が町内会に寄付されるんだから、そのほうが良かった。

要するに、内容以前に、まずは見た目...どういう判断か不明であるが、買い取れない状態だと言う回答だけで、詳細な説明はない...で判断されて、廃棄に回されるものが多い。廃棄とは、古紙回収である...
価格や廃棄に回す基準に文句を言うつもりはないが、簡単な内容を公開して欲しいなぁ〜。と言うか、BookoffのHPとかに記述してあるのだろうか?

以前にテレビ放送で見た、買取価格設定をちゃんと実施してくれているのか、どうもよく分からない。

ちなみに、マンガ本は、元々BookOffにて100円で買ったものとはいえ、21冊で105円だった...文庫のマンガ本は、けっこう良い状態だったはずなのに廃棄、他に単行本、文庫本をみかん箱いっぱい持って行って半分以上が廃棄処分、結果は取り混ぜて、165円だった。内訳は、レシート捨ててしまったので、不明だけど、5円と10円取り混ぜて、165円。
要するに、僕の持っている本は、一冊5円が良いところと考えるのが良いらしい。まぁ最低価格としての基準なのかもしれないが...その昔の古本屋さんなら、10円はだしてくれた様に思う。
実のところ、Bookoffで売ってる105円の本よりは、多少ましな状態の物を持っていったつもりなんだけど、その半数以上が廃棄に回されてしまったのが、ショックでもある。

希少価値を見るか否かと言う面では、どうも見ているようには思えない。その昔は、古本屋に本を売りに行くと、古くても、ある程度汚れていても、稀少価値、市場価値で、それなりの価格で買い取ってもらえた記憶があるけど、まず見た目が一番の判断基準と言うのが、今ひとつ納得がいかないのは、僕が古い人間だからなんだろうなぁ〜...(T_T)


と言うことで、先日まで積んでおいたまず読まないであろう一山の本は、町内の資源回収にだしてしまった。こっちのほうが手間もかからないし...古紙としての評価もあるし...(-_-;)
 
 
リサイクルと言う観点から、Bookoffにだしたつもりだったのだけど、あまり良い結果にはならなかった。もしかすると、貰ってくれる人を探し出しすのが一番のリサイクルなのかもしれない。Bookoffとはいえ、リサイクルに手間かけてたら、儲からない、と言うことなんだろうなぁ。
| Shopping | 23:52 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする