MY PIANOS
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< そういえば、こっそりと新しいMacBook | main | 宵の明星 >>
フランクリンプランナーの行方...
一週間ほど前から、愛用しているシステム手帳の会社...フランクリンコヴィー社...から、事業譲渡すると言うメールが何通か届いていました。

フランクリン・プランナー事業譲渡のお知らせ:http://www.franklincovey.co.jp/training/pressrelease/100514_FCJ.html

譲渡先は...増えるアルバムとかで有名な、ナカバヤシ株式会社

システム手帳 「フランクリン・プランナー」の事業会社設立:http://www.nakabayashi.co.jp/service/news/detail.html?news_id=300&mode=view


愛用している、とは言えまぁ昨年からなので、まだまだ初心者ではありますが、長く、色々とシステム手帳を使ってきた僕としては、紙の手帳としては最終型ではないか、と思うほど気に入っています。
両社のプレスリリースを見る限りだと、事業はそのまま継続するらしいので、しばらくは安心なんですが...初めは完全撤退するものかと思って、ビビりはしないものの、少し驚きました。

こんな事が起きると、多くのメーカーは、以前の良さを失って、流行り廃りの激しい多くの情報に流されて文化が崩れていく物なんですが...このフランクリンプランナーは、どうなるのでしょうか...長くこれまで通り続けて欲しいのですが...少なくとも、独自サイズのバインダーと、独自設計のリフィルだけでも、続けていって欲しい物です。僕はそれしか使ってない、って言うだけなんですけどね...(´。`)


ちなみに、インターネット上を検索すると、この事実を扱ったニュースは無いので、小さな出来事、と言う程度なんでしょうね。確かに、昔からもそうだったんですが、システム手帳なんて持ってる人なんて、なかなかいなくて、とてもニッチな業界なんだろうなぁ、って。

僕は20年以上前に、テキトーなバインダー手帳から始まって、Filofaxにはまって、長い間使っていました。その間、色々な流行り廃りがあり、複数のバインダーや、リフィルを試して、またFilofaxに戻る、と言う繰り返し。その時の流行り様はけっこう凄くて、多くの手帳メーカーが乱立して、徐々に無くなっていったのを横目に...
10年ちょい前に、Palmを手に入れて、システム手帳の用途はメモ帳と日記に様変わり。スケジュールは、Palmアプリケーションを使って、何年かが過ぎますが...ご存じの通り、Palmは日本から撤退。今となっては、HPに吸収合併されて、スマートフォンメーカーとして頑張っている訳ですが、日本ではほぼ手に入らないし、昔のPalmアプリの良さが失われているように思いますね。

困った僕は、またシステム手帳に舞い戻って...今のFilofaxは、以前の様な質実剛健さは無くて、ファッション的なのに驚いて導入をやめ、フランクリンプランナーにたどり着いた、と言う話しなんですが...

マジ、無くなっちゃたらどうしよう...ってちょっと不安です。(-_-;)
| Stationaries | 23:56 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする